6回目 録画できた!

スポンサーリンク

こんにちは、簿記の勉強に追われているるなです。
2級舐めてた…
範囲広い…
ここで、勉強してますーー

そんな中、今週は…なんと録画が成功しました!
↓ラズパイの画面

嬉しい(*´ω`*)

録画機能を実装

今週は録画機能を試してみました。

↑ここの部分!

買ったもの

そのために、とりあえず、フルセグチューナー、カードリーダー、B-CASカードを追加購入。
録画機能は関係ないけど、すごい熱くなるので、熱対策で、熱を逃がしやすいケースとヒートシンクを買いました。
あと、今後動画の保存用に使うハードディスクをとりあえず二つ。

録画機能の実装方法

でですね…。
どうやって実装しようかなーと、一から全部作るのかなーと思っていろいろ見ていたら、すごく便利なものがあるようで…。

なんともう、私の作りたい物。
番組表を取得して、録画予約をして、録画をして、それが再生できる。というソフトがオープンソースで既にありました…(笑)

Mirakurunというチューナーサーバーアプリと、Chinachuという、MirakurunをGUIで使えるようにした録画サーバーアプリです。

今回は、↑のアプリを使うにしても、必要な部分。
基本の録画ができるようにするところまで、試してみました。
これだけでもそこそこ時間がかかってしまった…

SSH接続する

これからたくさんコマンドを打つことになります。
ラズパイで入力してももちろんいいのですが、出来ればコピペで楽をしたいので、PCからラズパイにリモートで接続して、今後の作業はPC上でやることにします。
私の場合はWindows。

【Windows作業】リモートで操作するためのソフト、テラタームをインストールする。

【ラズパイ作業】↑の設定画面から、SSHを有効にする。

【ラズパイ作業】ラズパイのホストを調べる。
右上のWiFiマークにカーソルを当てると、↑のような情報が表示される。
その2行目の赤枠内をメモ。

【Windows作業】テラタームを起動。
メモしたホストに繋ぐ。
portは特別に変更していなければ22。
その後、ユーザーパスワードを入力するので、特に変えていなければ、ユーザーはpi、パスワードはラズパイ初期設定の時に設定したものを入力。
ターミナル画面が起動すればOK!
ここからの作業は、ここから行います。

フルセグチューナーを使えるようにする

フルセグチューナーはドライバーがないと動きません。
ドライバーをインストールします。

$ wget http://plex-net.co.jp/plex/px-s1ud/PX-S1UD_driver_Ver.1.0.1.zip
$ unzip PX-S1UD_driver_Ver.1.0.1.zip
$ sudo cp PX-S1UD_driver_Ver.1.0.1/x64/amd64/isdbt_rio.inp /lib/firmware/

カードリーダーを使えるようにする

カードリーダーもドライバーなんですかね?
なんかツールを入れないと動かないようなので、こちらをインストールします。

$ sudo apt-get install build-essential git
$ sudo apt-get install pcscd libpcsclite-dev libccid pcsc-tools

確認

B-CASカードが読み込めているか確認。

$ sudo pcsc_scan

↓(1)のようなメッセージが出ればOK。でなければ、何か失敗している。
勝手に終わらないので、ctrl+Cで終了。

PC/SC device scanner
V 1.4.27 (c) 2001-2011, Ludovic Rousseau <ludovic.rousseau@free.fr>
Compiled with PC/SC lite version: 1.8.18
Using reader plug'n play mechanism
Scanning present readers...
~略~
Possibly identified card (using /usr/share/pcsc/smartcard_list.txt):
3B F0 12 00 FF 91 81 B1 7C 45 1F 03 99
        Japanese Chijou Digital B-CAS Card (pay TV)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(1)

B-CASのデコード用ライブラリのインストール

これは、しなくても録画は出来るようなのですが、これを入れておかないと、撮った動画のコピーとかが出来ないよう…?

とりあえず、先人の皆さまの言う通りに入れてみました(笑)

$ sudo apt-get install cmake g++
$ wget https://github.com/stz2012/libarib25/archive/master.zip
$ unzip master.zip
$ cd libarib25-master
$ cmake .
$ make
$ sudo make install
$ cd ../

録画用コマンドのインストール

録画をするためのコマンドのインストール。
linuxの録画コマンドには「recpt1」というのと、「recdvb」というのがあるようです。
「recpt1」を今回使うチューナー「PX-S1UD」等に対応させてくれたのが「recdvb」なんだとか。

Mirakurunを使うにしても、内部でこのコマンドが使われるようなので、必須のコマンドになります。
「recdvb」をインストールしていきます。

まず、「recdvb」インストールの「autogen.sh」で必要になる「autoconf」と「automake」をインストール。

$ sudo apt-get install autoconf automake libtool autoconf-doc libtool-doc
$ wget http://www13.plala.or.jp/sat/recdvb/recdvb-1.3.1.tgz
$ tar xvzf recdvb-1.3.1.tgz
$ cd recdvb-1.3.1
$ ./autogen.sh
$ ./configure --enable-b25
$ make 
$ sudo make install
$ cd ../

ここまでしたら、再起動が必要。

$ sudo reboot

確認

そして再起動後、録画のテスト…。

$ recdvb --b25 --strip 24 10 test.m2ts

…。実行メッセージは↓こんな感じ。
(1)が確認できればOKです。

using B25...
enable B25 strip
pid = 1012
device = /dev/dvb/adapter0/frontend0
Using DVB card "Siano Mobile Digital MDTV Receiver"
tuning to 539143 kHz
polling..ok
SNR: 300

Recording...
Recorded 10sec・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(1)

うまくいけば、これで、物理チャンネル24から10秒間データを受信し、b25ライブラリを使って同時デコードしたものがカレントディレクトリのtest.m2tsというファイルに保存されるはず…。

撮れたー!映ったー!嬉しい(ㅅ´ ˘ `)♡

エラー

ちなみに、こんなエラー(1)で私は苦しみました・・・。

using B25...
enable B25 strip
pid = 1012
device = /dev/dvb/adapter0/frontend0
Using DVB card "Siano Mobile Digital MDTV Receiver"
tuning to 539143 kHz
polling.....
Cannot lock to the signal on the given channel・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(1)

ファームウェアが認識されていないと出るエラーのようです。

$ sudo cp PX-S1UD_driver_Ver.1.0.1/x64/amd64/isdbt_rio.inp /lib/firmware/

こんな感じで認識させると直るようなのですが、私はそもそも、再起動をしておらず…。
再起動したら直りました!

ケース新調

新しいケースです!ヒートシンク付きで1800円。なんてコスパのいい!

そして、かっこいい!!

次回

来週は、MirakurunとChinachu。使えるようにしたいなーと思ってます。

あと、ハードディスク繋いで、そこに録画出来るようにしたい!

で、その上で、MirakurunとChinachuを使うのか?使わずに、自力でスクラッチ開発?するのか?考えたいと思いますー!

7回目はこちら

内容的に続きなのは、こちら。8回目

参考にさせて頂いたページ

Raspberry Pi 3+Chinachuで地デジ録画サーバー構築 - Qiita
##そもそも録画サーバーとは コンピュータと地デジアンテナをチューナーを通して接続し、HDDにテレビ番組を保存することができるサーバーのこと。テレビと同じように番組表を見て録画を予約したり、条件に当てはまる番組を自動録画できたりする。...
RasPi 3で録画サーバー構築(Chinachu) - Qiita
#まえがき 最近、TV番組をリアルタイム視聴するのが苦になってきたので、番組録画ができるものを探していました。 しかし、既製品を買うのはなんだか面白くないので、ラズパイで宅内用に録画サーバー構築に挑戦することにしました。 色々試行錯誤...
Autotoolsについてのメモ

↑autoconf、automakeのインストールについて

スポンサーリンク
スポンサーリンク
近況報告
るなをフォローする
マイクロサービスの自由研究

コメント

  1. とおいましたが、 より:

    楽しみに待ってます。応援します。
    広告もたくさんクリックしておきます。(^O^)/

    • るな るな より:

      わわわ!なんと、嬉しいです(*´˘`*)♡
      ありがとうございます!頑張ります!
      広告は…、ご興味のあるものだけお願いしますm(_ _)m
      Google先生に怒られちゃうw

タイトルとURLをコピーしました